スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | top ▲
SINOBIとマザー・テレサ
久しぶりです。更新サボりまくりですn
ちょっと色々あったんですよ|電柱|・ω・`)
励ましてくれたみんな!超感謝してます・・・(。´Д⊂)
ありがとうね!(・ω・)b

さて今日もネタがこれしかないので映画の話をします。
今回借りたのは「SINOBI」と「マザー・テレサ」ですε=ヾ(*・∀・)/

SINOBIはオダギリジョーと仲間由紀恵主演の映画ですね。
私この二人かなり大好きなので絶対映画館で見ようと思って
たんですが、毎日寝て過ごしていたせいでいつの間にか上映終了してました^^
このグダグダな性格どうにかして下さい^^

内容はありがちな敵同士の禁断の愛物語です(*゚ρ゚)
そして技(忍術?)とか嘘くせぇ^^;
なんというかこれは忍者好きだとかキャストが好きだとか
そういう人向けじゃないかなと思いましたw

これ以上言うと監督の下山天さんにHP潰されそうなので
SINOBIについてはここまでにしておきます(((((((;´д`)))))))ガタガタ

続いてはマザー・テレサです
この記事のURL | 映画 | COM(5) | TB(0) | top ▲
また映画の話(゚‐゚*)
昨日は朝っぱらから病院行ってきました。
んで帰りにビデオレンタル屋に寄って「インストール」と「SAW
を借りました(゚д゚)

インストールといえば綿矢りささん原作の映画ですね。
実は先日小説の「蹴りたい背中」を読んでいて、その衝動で借りたんですよ(゚‐゚*)
で、内容は・・・

制服が夏服に変わった。高校生の朝子(上戸彩)が衝動に駆られて、深夜部屋の片付けをしている。次々と運び出される家具や雑貨…。全てをゴミ捨て場に持って行き、とうとう部屋はからっぽになった。朝子は“平均そこそこなひとりの女子”として過ごす毎日に脱力してしまったのだ。片思いの相手であるコウイチ(中村七之助)は「あんたにゃ人生の目標がない」とお説教してくれたが、朝子は学校へ行くという習慣を捨てた。いつものように制服を着て家を出て、母親(田中好子)の出勤を物陰から確認し、家へ戻る。「もう17歳」という焦燥感と「まだ17歳」という安心感。このまま小さくまとまった人生を送るのかもしれないと思うとどうにも苦しい。
朝子は自分が捨てたパソコンを拾っていった小学生・かずよし(神木隆之介)と再会した。かずよしはパソコンをインストールし直して、押入れの中で親の目を盗んでネットにつなぎ、頼まれたことがあるという。それは26歳の人妻風俗嬢“雅”のエロチャットの肩代わりだった。かずよしが学校へ行っている午前10時から午後2時までの間、朝子が雅になりすます。10歳の小学生が性別も偽ってエロチャット?その“普通じゃなさ”に戸惑う朝子だったが、好奇心が勝り、結局引き受けることに。

バーチャルな世界で名前も、性別も判らないまま、交わされるどぎつい会話。底知れぬ欲望の世界は生身の人間を恋しくさせる。ランドセル姿のかずよしは“白馬の王子様”からは程遠いけれど、朝子を追い立てる不安と大きな支えを亡くした喪失感から解放してくれていた。
やがてふたりに“押入れ”から出る日がやってくる。季節は巡り、制服も冬服に変わって───。


というか青木かずよし役の神木隆之介君、あの歳であんなエロイ台詞喋って・・・
しかも上戸彩の胸触るどころか握っちゃったしね
いいんですか教育委員会のみなさん?(*゚ρ゚)

でも主人公の歳と近いせいかすごい共感できる話だった気がします。
学生さんは是非見てみては?

続きは「SAW」の話
この記事のURL | 映画 | COM(5) | TB(0) | top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。